これって大丈夫なホクロ?胸にほくろのある人はこれをチェック!

 

物心つく前から体にあったほくろもあれば、

 

「気がついたらできていた!」


 

というほくろもありますよね。

 

顔や腕といった部位は露出が多いのでホクロができやすそうなイメージですが、胸にほくろが増えると少し心配になってきます。

 

胸にほくろのある人のアレコレをまとめました。

 

 

そもそもほくろとは?

 

ほくろとは、皮膚の色素細胞(メラニン)が増殖しすぎることでおこる、

 

茶色や黒色の斑点のことです。別名、「色素性母斑」とも言います。


 

皮膚は紫外線に当たったり刺激を感じることで、皮膚組織を守るためにメラニンという肌を黒くみせる細胞を増殖させます。

 

その過程でメラノサイトの増殖が活発になりすぎて、代謝がうまくいかないと、ほくろとして肌に残ってしまうのです。

 

ほくろには生まれつきあるものもありますが、外部刺激により後天的にできるものがほとんどでしょう。

 

胸は、本来ほくろができにくい箇所ではありますが、ほくろは全身のどこに現れても不思議ではありません。

 

デコルテ周辺や背中は紫外線を浴びやすく年齢もでやすい部分なので、ホクロができやすいです。

 

胸にほくろのできる人は、外部刺激やメラニンの生成がうまく行われなかったなどの理由が考えられるでしょう。

 

 

ほくろではないケースも

中には、ほくろのように見えて、ほくろではない皮膚異常の場合もあります。

 

自己判断が非常に難しいですが、ほくろではないものには以下のようなものがあるのでチェックしてみましょう。

 

老人性色素斑

加齢とともに、主に日光(紫外線)によっておこる茶色状の斑点のことです。

 

シミのようだったり、そばかすやほくろのようにポツポツとした斑点であったりします。

 

ほくろは良性のできものですが、老人性色素斑も良性なので、直接的に健康に害を及ぼすわけではありません。

 

胸に出る事もありますが、背中の広範囲にわたってあらわれることもあります。

 

悪性黒色腫(メラノーマ)

悪性黒色腫はメラノーマとも呼ばれる、ほくろ状の癌です。

 

ほくろと同じように肌の基底層にあるメラノサイトの働きによっておこりますが、ほくろと違い色素細胞が「癌化」してしまうことから悪性のできものとされています。

 

通常ほくろは7ミリ以下ですがメラノーマの場合には、それよりも大きいシミのようになっていることが多いでしょう。

 

徐々に大きくなっていくこともあるので、それもひとつの指標になります。また、痛みは初期にはほとんどありません。

 

メラノーマは皮膚ガンなので、早期に発見し手術で摘出する必要があります。

 

他の部位にガンが転移してしまう可能性もあるため大変危険です。

 

足の裏にみられることが比較的多いですが、手足のほかに胸にもみられることがあります。

 

 

実際に、オリンピックの水泳選手がSNSでファンにホクロを指摘されたところ、

 

悪性のものだったため摘出したというケースもあるようです。


 

ほくろではない、明らかに違和感のあるできものがあると感じたら皮膚科を受診するようにしましょう。

 

詳しく調べるには、ダーモスコープという専用の機器をつかって、良性のほくろか悪性のメラノーマなのかを判断する検査があります。

 

 

ほくろを除去するには?

良性のほくろであっても、部位や大きさによっては気になってしまうこともあるでしょう。

 

そういった場合には、美容外科でほくろ除去をすることができます。レーザー治療が一般的ですが、ほくろの形状や部位によっては外科的な形で切除することもあります。

 

処置自体は1時間もせず終わり、1〜2週間程度で綺麗な状態になるのが一般的です。

 

皮膚科や形成外科でもホクロ除去を行っていることがあり、保険適用になるものもありますよ。

 

 

胸のホクロはセクシーという声も

悪性のできものである可能性がない場合は、胸にあるホクロは除去する必要はありません。

 

胸は日常的には他人から見えない部分ですし、意外にも胸やその周辺にあるホクロはセクシーだと感じる人は多いようですよ。

 

人気のグラビアアイドルの方でも、右胸のところに並列状のほくろが2つあるそうですが、写真集を発売した際に、ファンの間ではとてもかわいらしいと話題になったようです。

 

ほくろがある部位によってどんな人かが分かるという「ホクロ占い」も最近人気なように、

 

ほくろ自体にはあまり悪いイメージがなく、むしろチャーミングポイントとして捉えられることも多いようです。

 

なので気にしすぎないようにするのも大事ですよ。

 

TOP⇒トゥルーアップサプリの口コミにある2つの悪評とは